日本の伝統である着物や浴衣等の和服

カテゴリー

おすすめ

振り袖

振り袖

振り袖とは、女性用の和服の一種である。身頃に近い側の袖端…

関東大震災

east

和服が着られなくなった大きな理由は、関東大震災にある。
和服というのは、身体の動作を大きく妨げるものであるため、着用していた女性に被害が多かった。
そのため、安全上の理由で和服を着られることがなくなっていったのである。

その翌年に、東京婦人子供服組合が発足し、女性の中にも洋服文化が根付いていった。
そのため、現在ではほとんど和服を着る女性がいなくなったのである。

違い

現在では、着物と和服は同義で使われている。
しかし、本来着物は着る物という意味で、意味が異なる。
しかし、海外では着物という言葉がないため、和服の事を総称して着物と呼び始めた。
その言葉が世界中に浸透したため、現在では同種の意味で捉えられている。

冠婚葬祭

event

日常的に着られることがなくなった物ではあるが、観光葬祭ではまだ良く見られる着衣である。
七五三、卒業式、成人式、入学式、結婚式等では割と一般的なものであるため、現在でも見ることが出来る。
また、このような場で着られることを想定されているため、レンタル店等も存在する。
そのため、和服を持っていないという人であっても、このような場でレンタルし着用するという人は少なくない。

また、浴衣はお祭り着られるイベント用衣装として広く親しまれている。
需要の低くなっているものではあるが、時と場合によっては着る人も多い。
そのため、素材、柄等多数存在し、あらゆる浴衣が出てきている。
デパート等でも売っているため、購入することは容易となっている。

スペシャルコンテンツ

振り袖

振り袖とは、女性用の和服の一種である。身頃に近い側の袖端を身頃に縫い付けず、振りを作ったものを指す。現在では、未婚女性の礼装として成人式や卒業式、結婚式などで着用される。 着物の袖に腕が入る方向に対し…

振り袖
size

サイズ

着物の長所として挙げられるのが、サイズの自由性である。洋服の場合は、生地のいらない部分を切り取り仕立てる。しか…

enjoy

遊び着

浴衣と着物は似ているようで、実は少し用途が違うものである。本来、浴衣というのは寝間着として使われていた。そのた…